第一種電気工事士を取得しよう

第一種電気工事士の勉強方法

ご訪問ありがとうございます!

 

サイト管理人でございます。

 

 

このサイトは、管理人が実際に第一種電気工事士に合格した勉強方法の全てを公開しているサイトです。

 

「これから電気工事士の資格を取得したい!」

 

というあなたへ、ぜひぜひこのサイトを活用しながら独学で合格していただければと思います。

 

 

ちなみに管理人は、こういうサイトを陰ながら細々と(笑)更新していますが、表では実は電気初心者の人を資格試験合格のためにサポートする仕事(塾長)が本業だったりします。

 

個人的体験を書いただけの勉強法サイトとか合格体験記なんかはそこら辺にたくさんありますが、そういうものとはちょっと異なる形で、そして遥かに実践的で“凝縮した”情報をお届けできると思います(笑)

 

 

ではでは早速、第一種電気工事士を独学で合格する方法をお伝えしていこうと思いますが、その前に1つだけ注意です。

 

 

第一種電気工事士の勉強法には2つのパターンがある

 

 

第一種電気工事士の資格を取得したい人には、

 

1、純粋に資格が欲しい(活用したい)
2、電験3種を勉強する前のステップアップのために

 

大きく分けると、この2つのパターンの方に分かれます。

 

 

1の方はこのサイトの方法を使って合格していただいて全く問題ないので、次のページから具体的な勉強方法へ進んでください。

 

NEXT=>「必要な参考書と器具・工具・材料の選び方

 

 

 

が、もしあなたが2に当てはまる場合はこのサイトの方法を使うべきじゃないです。

 

このサイトの勉強法は、“試験に合格すること”を目的としているので、「電気の知識を深く理解する」とか「基礎知識と原理原則の理解」とか、そこら辺をあまり重視していません。

 

とにかく、

 

「試験に出る内容を覚えて」
「点数を取って合格する」

 

っていうところに目的を置いてるので、単純に電験3種のためのステップアップにはなりません。

 

まあ、詳しくはこちらのページでお伝えしているのでご覧くださいませ。

 

→「電験3種に独学で合格するには?

 

 

 

第一種も第二種も基本は同じ

 

 

ちなみに、このサイトのタイトルは「第一種電気工事士」をメインに解説する形をとっていますが、

 

実際の勉強法って、別に第二種電気工事士のやり方と大きく違うっていうわけではないのです。

 

ざっくり言ってしまえば、

 

・筆記試験は、テキストをざっと読んで過去問を繰り返し解く。
・実技試験は、ひたすら練習あるのみ。

 

この2つに集約されてしまうので、「勉強法」という点では第二種も第一種もほとんど同じだと考えてください。

 

なので、

 

「第二種電気工事士から挑戦したい!」

 

っていう方も、ぜひぜひこのサイトの勉強方法を活用していただければ、“最速で”結果に繋がると思います。

 

 

NEXT=>「必要な参考書と器具・工具・材料の選び方